ZARD百科事典 ZARD CD&DVD COLLECTION No.4(第4号)やっと到着&内容紹介。

発行元のアシェットコレクションズジャパンのZARD特設HPのよくある質問では、「定期購読は、どの位の頻度で送られてきますか?」と言う質問に対し「4週ごとに2号分(偶数号と奇数号)を奇数号の発売日にお届けします。※配達事情により配達日が前後する場合があります。」と記載があります。

という事は、第3号の発売日に第4号が届く、と解釈していたのですが一向に届きません。クレジットカード支払いなので未払いもあり得なく、完全に向こう都合で遅れているっ!!!

堪忍袋の緒が切れて、4月1日ぐらいにサポートセンターにメールしたら「4/5ぐらいに届くと思います」と回答が来ました。そして今日は4/7、「全然けえへんやんけ!!」と電話しようかと思っていたら今しがた来ました笑。という事で長くなりましたが早速今回も著作権に配慮してご紹介っ!

 

ZARD百科事典No.4からはゆうメールでの配達です。

ZARD百科事典No.4とNo.5

ZARD百科事典No.4とNo.5 ゆうパックでの届き方

こんな感じのコンパクトな箱に入れられてNo.4とNo.5が届きました。ゆうメールだったので受領印など不要でした。

今回からは特に特典や特別付録が無く、本(冊子)とSONGSのCDの二本柱ですね。

ZARD百科事典No.4

ZARD百科事典No.4 コンテンツ

ZARD百科事典No.4

ZARD百科事典No.4 本(冊子)とSONGS

私とZARD『MY MEMORY』・・・長戸大幸

創刊号から引き続いて長戸大幸のコメントが寄せられています。今回も改めて確信しましたが、最終号まで長戸大幸しかコメントしないのではなかろうか笑  別にそれでいいんですがね!

今回のテーマは、ボーカルの声質とリアリティです。
記事を読むと、なかなか深い論理的思考と繊細な決断力、細かい指示の出し方と見せ方を考えていた事が分かります。歌が上手すぎると受け手側にとって共感できない、というくだりは小室哲哉も言ってましたね。小室哲哉の場合は「カラオケで歌い辛いから」という理由でした。はからずも90年代を代表する2人のプロデューサーは「(あまり)上手くない歌」を届ける事を考えていたという事が分かります。

HIGHLIGHT・・・ZARDの楽曲ができるまでVol.1

ZARD百科事典No.4

ZARD百科事典No.4 コンテンツ

どんな曲でも「作るための工程」があるのですが、今回はZARDの楽曲を作るための工程について記載されています。Vol.1としては、デモ曲~ミックス(トラックダウン)まで記されています。

ZARDファンなら知っていると思いますが、コンペの類いはやっぱり無かったようです。今まで語られている通り、数あるデモの中から良さげなモノを引っ張り出し、時にはサビと違うデモのAメロ、Bメロをピコ太郎したり・・・そういう事らしいですね。

今でもデモテープは作家ごとに分けられて大切に保管されているとか!写真ではボカシが入っていてはっきりとどの作家の写真なのか見えないわ!残念・・・

デモ選び・作詞とアレンジ・レコーディング・ミックス(トラックダウン)の一連の作業から読み取れるのは、それぞれの工程で何パターンも作成し、試行錯誤しつつ、良いと思ったモノだけを世に送り出したのが凄いなーっと思います。時間も金も余裕もモチベーションも無ければ出来ない作業ですよね。ZARDに限らず他のアーティストでもこういう事はやっているのだとは思いますが。

 

SONGS・・・名曲アーカイブ

ZARD百科事典No.4

ZARD百科事典No.4 コンテンツとSONGS

No.4では「心を開いて」をメインコンテンツとして「遠い星を数えて」「pray」「Change my mind」「負けないで(’07 Live ver.)」「Don’t you see!(オルゴール)」の全6曲がピックアップされています。今回はカラオケ音源(Instrumental)としては、「心を開いて」「遠い星を数えて」です。

今回の「心を開いて」は作曲:織田哲郎、編曲:池田大介の「ちょいちょい見るコンビ」です。この曲なんだかビジョンが浮かぶなぁ~と思ったらポカリスエットのタイアップがついていたんですね。さすがです。

実は「心開いて」はZARDでは無く他の女性アーティスト向けの候補曲となっていたそうですが、鶴の一声によりZARDでリリースされたとの事。「他の女性アーティスト」が誰なのか気になりますね。せっかく有料で買ってるんでそこらへんのネタばらし有っても良いんでは無いでしょうか!!ワシの勝手な大胆予想では宇徳敬子向けだったと思います。宇徳敬子リリースでもそこそこ売れていたはず。(まさか大黒摩季向けでは無かったはず!!)

「心を開いて」の直筆歌詞が掲載されていますが「織田曲」などと書いているんですねぇ~ タイアップはポカリスエットCMソングで18thシングル 1996年5月6日リリースでした。

MUSEUM・・・ZARDミュージアム

No.4では、ZARDが今までにリリースしたアナログ盤のお話です。アナログ盤って言われてピンと来ないと思いますが、レコードでリリースされたって事です。ワシは1ミリも感じませんが、アナログ盤で曲を聴くと何かイイそうです。何がいいのかよく分からないですが・・・

CAN’T TAKE MY EYES OFF OF YOUはレーベルがGarage Indies Zapping Associationです。つまりGIZAですね。

OFFSTAGE・・・愛犬のラブ

ファンクラブ会報で紹介済の愛犬のラブについてです。ちっちゃい犬種のヨークシャテリアを飼っていたんですね。記事の中に「誘拐」というワードが出てきますが物騒ですね笑 坂井泉水も含めてアーティストや芸能人って誘拐とかされそうで怖いですわ。

GALLERY

いろんなところで写真撮ってますね~ これは初めて見ました。

ZARD百科事典No.4

ZARD百科事典No.4 コンテンツとGALLERY

No.5予告

もう予告になって無くて届いてますが一応No.5はこんな感じだそうです。

ZARD百科事典No.5

ZARD百科事典No.5の予告というか現物